理学療法士が介護支援専門員(ケアマネジャー)資格を取るメリット

理学療法士は、ケアマネジャーを取得する必要があるのかどうかについて考えてみました。

ケアマネジャーとは

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護保険制度設立に伴って誕生した資格です。その役割としては、介護保険のサービスを必要とする方などからの相談を受け、利用する方が自立した日常生活を営むために必要な援助に携わります。介護サービスを必要としている方でも、地域にどのような介護サービスがあり、自分はどの程度それを受けることができるのかを理解することは容易なことではありません。

そこでケアマネジャーは、利用者と在宅介護サービス事業者や介護保険施設の橋渡しをおこない、連絡調整を行います。

理学療法士とケアマネジャーの接点

少子高齢化と要介護者人口の増加から、日本は国家としてその対策に追われています。介護保険制度設立からほどなく、地域包括ケアシステムといった概念が打ち出されました。これは、団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて、要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供しようとする取り組みです。

その中で、医療と介護の連携はとりわけ重視されており、それぞれへの切れ目のないサービスを目指すためにも、今後ケアマネージャーと医療職は連携を持つ必要が増えてくると思われます。

しかし実際には、理学療法士が直接ケアマネジャーと接する時間を持つことは限られており、回復期病院であれば退院前のカンファレンスが主な関わりとなるでしょうし、介護保険サービス事業であれば担当者会議などで関わりを持つことがあるでしょうが、毎回参加することはなかなか容易ではありません。

理学療法士がケアマネジャー資格を取得する意義

ケアマネジャー資格を理学療法士が取得するメリットを考えてみました。

メリット

1:介護保険サービスについて詳しくなる
2:ケアマネジャーと連携が取りやすくなる
3:介護保険サービス立ち上げの助けになる
4:介護保険領域で信頼を得やすい

介護保険について詳しくなったり、ケアマネジャーと連携を取りやすくなるというのは確かにメリットではありますが、必ずしも資格取得が必要というわけではなさそうです。また、病院内でデイケアを立ち上げる際や、自分で訪問看護ステーションを設立する場合(理学療法士だけではできませんが)にも役には立つでしょうが、必須ではありません。

個人的に大きなメリットだと感じるのは、資格を取得することで、介護保険分野での信頼を得やすいといった部分でしょうか。それにより、介護保険領域を絡めた活動を行うとすれば、より人脈を広げて理学療法士の今後の可能性を探る一つのツールになりそうです。

理学療法士も、今後は職域を広げていく必要があります。理学療法士+αのスキルを誰しも求めていく時代になってきています。

まとめ

今回、理学療法士がケアマネジャーを取得するメリットについて考えてみましたが、正直なところパッとしませんね。おそらく、メリットを感じる人が少ないのが、理学療法士の受験者がそこまで多くない原因でしょう。

でも考えてみて下さい。狙っている人が少ない分野にこそチャンスがあるわけです。理学療法士とケアマネジャーを絡めて新しい働き方が見えてこれば、こんなにワクワクすることはありません。

ということで、今年僕はケアマネジャーを受験することにしました。ブログの投稿も、勉強も兼ねて介護保険関連の記事を書いてしまっています。