肩関節1st,2nd,3rdの各ポジションごとの関節可動域制限因子と筋力評価

理学療法評価を行う上で、『一つの事象を違った角度から考える』というのは、とても有意義なことです。

ここでは、肩関節の1st(ファースト),2nd(セカンド),3rd(サード)の各ポジションによる制限因子や筋力評価についてご説明します。

肩関節のポジションとは?

1st,2nd,3rdの3つのポジションで測定する動きは、肩関節の回旋運動です。

肩関節は、球関節であり自由度3の非常に可動性の高い関節です。要するに、水平面・前額面・矢状面それぞれでの動きが可能なので、それを利用して、軟部組織の状態を違った角度から評価していこうということです

それでは、肩関節の各ポジションの特徴を見ていきましょう。

1stポジションの特徴

1stポジションとは、肩の下垂位です。ここから外旋・内旋運動をしていきます。

1stポジションでの外旋

 

制限因子肩甲下筋上部・大胸筋・烏口上腕靭帯・上関節上腕靭帯・前上方関節包

動作筋棘下筋上部・小円筋・三角筋後部繊維

1stポジションでの内旋

制限因子棘上筋・棘下筋上部・後上方関節包

動作筋肩甲下筋・大円筋・三角筋前部繊維・大胸筋・広背筋

2ndポジションの特徴

2ndポジションとは、肩関節外転90°の肢位のことです。ここから外旋・内旋運動をしていきます。

2ndポジションでの外旋

制限因子肩甲下筋下部・大胸筋・大円筋・広背筋・前下関節上腕靭帯・前下方関節包

動作筋主に棘下筋下部・小円筋

2ndポジションでの内旋

制限因子棘下筋下部・小円筋・後下関節上腕靭帯・後下方関節包
動作筋大胸筋・肩甲下筋下部・大円筋・広背筋

3rdポジションの特徴

3rdポジションとは、肩関節屈曲90°の肢位のことです。ここから外旋・内旋運動をしていきます。

3rdポジションでの外旋

制限因子肩甲下筋下部・大胸筋・大円筋・広背筋・前下関節上腕靭帯・前下関節包
動作筋主に小円筋・棘下筋

3rdポジションでの内旋

3rdポジションでの内旋は、正常においても、軟部組織での制限が強いために、動きは大きくありません。

制限因子棘下筋下部・小円筋・後下関節上腕靭帯・後下方関節包
動作筋三角筋前方線維・大胸筋・大円筋・広背筋

それそれの制限因子の見分け方

下の図は、肩関節を上方・下方・前方・後方の4つに区画分けしたものです。

1stポジションと2nd/3rdポジションの違い

1stポジションは、下垂位なので、上方に区画されている前上方後上方組織がそれぞれ外旋・内旋で伸長されます。

2nd/3rdポジションは、90°外転もしくは屈曲位なので、下方に区画されている前下方後下方組織がそれぞれ外旋・内旋で伸長されます。

2ndポジションと3rdポジションの違い

2ndポジションと3rdポジションは、ともに下方に区画されている組織が伸長されるという意味では同じです。しかし、両者には制限の強さの違いがあります。

2ndポジションでは、3rdポジションに対して水平伸展位にあるので、より一層肩前方組織が引き延ばされます。よって、外旋動作での前下方組織の制限が強く、後下方組織の制限は弱い状態にあります。

逆に、3rdポジションでは、2ndポジションに対して水平屈曲位にあるので、より一層後方組織が引き延ばされます。よって、内旋動作での後下方組織の制限が強く、前下方組織の制限は弱い状態にあります。

まとめ

肩関節の可動域制限因子を見つけるためには、通常のROM検査だけでは十分ではありません。

肩関節の肢位を変えながら、どの運動がどの組織によって制限をされているのかということを明確にすることで、治療の対象が明確になります。

<おすすめ参考書>