小円筋(しょうえんきん)の起始停止・神経支配・作用とリハビリ応用について

小円筋についての基本的な情報はこちらです。

起始:肩甲骨外側縁(近位2/3)

停止:上腕骨大結節(下面)

神経支配:腋窩神経(C5,C6)

肩関節への作用:外旋(主に肩90°屈曲位)、弱い内転

さらに小円筋について詳しく知る場合には、以下の目次より進んで下さい。

英語表記

小円筋の英語表記は、以下の通りです。

Teres minor

略してtmと呼びます。小円筋をTMと表記する場合も多々ありますが、大円筋も同じくTMと略するので、ここでは区別するため小文字でtmとしておきます。

小円筋の概要

小円筋は回旋筋腱板の一つであり、棘上筋や棘下筋、小円筋とともに肩関節の安定性に大きな関与があります。

その中でも、小円筋と棘下筋は起始・停止や作用がよく似ています。よって、共同して働く場面が多くあります。

両者の違いとしては、主として働く肢位の違いでしょう。

  • 小円筋:肩屈曲90°での外旋で働く。
  • 棘下筋:肩下垂位での外旋で働く。

小円筋の内転作用

一般的には、小円筋は“肩関節の外旋筋”として認知されているわけですが、内転作用もあります。

どういうことか図で見てみましょう。

上腕骨頭中心の肩関節回転軸よりも、小円筋がひっぱる力のベクトルは下方に存在します。

よって、そこにはモーメントアームが生まれますので、小円筋は肩関節の内転作用も有するということが言えます。

小円筋は関節包に直接付着している

小円筋の深層部分では、関節包の後方に直接付いています。

それにより、次の2つの機能が生まれます。

インピンジメント防止機能肩関節の外旋運動に際して、小円筋が緊張することで、後方での関節包インピンジメント(挟み込み)を防止する。

骨頭安定化機能小円筋が緊張することで、骨頭を後下方から支持する。それにより、骨頭の動的安定化のために働く。

 

小円筋の他にも、人の各関節周囲の筋肉の中には、同じように関節包のインピンジメン防止のために働く筋肉は随所に存在します。

 

 触診

触診は、肩屈曲90°(3rdポジション)で行います。

肩甲骨外側縁の中央付近に指をあてると、筋腹が触知できます。

リハビリへの応用

肩の挙上制限に関して

先ほど述べたように、小円筋は内転作用を有しています。

よって、肩の挙上制限因子として小円筋の短縮やスパズムは問題となりやすい傾向にあります。

例えば、肩関節周囲炎(五十肩)などの凍結期におけるリハビリにおいては、小円筋の短縮が生じていることが多くあります。また、外側腋窩隙での腋窩神経の絞扼や、肩の不安定性が増大した場合などでは、小円筋がスパズムを起こしていることがあります。

これらでは、ほとんどの場合で肩の挙上制限が起きており、その原因として小円筋を考える必要があります。

逆に言えば、小円筋のストレッチやリラクゼーションで、肩の挙上可動域改善が可能であるということです。

肢位別の外旋筋力を評価する

先ほど述べたように、同じ肩の外旋運動でも、下垂位での外旋では棘上筋が主に作用し、90°屈曲位の外旋では小円筋が主に作用します。
その違いを利用して、肩の評価をすることで、問題点を浮き彫りになることがあります。

例えば、下垂位での外旋筋力が低下してることに対して、90°屈曲位では外旋筋力低下が起きていない場合には、棘下筋の何らかのトラブル(腱板損傷や肩甲上神経麻痺など)が疑われるわけです。

当然それだけでは判断はできず、医師による画像診断や感覚検査などを複合的に検査されることで明らかになるわけですが、もしあなたが理学療法士であれば、診療の補助として理学療法を行うわけですから、日ごろからこのような変化を察知できるように心がけるのはとても重要なことだと思います。

まとめ

肩のリハビリを行う際に、小円筋を全く考えずに進めるということはあり得ません。そのくらい、小円筋は肩にとって重要な機能を有しており、機能障害を起こすことは動作へ影響を与えることになります。

小円筋の役割を理解するとともに、正確に評価することで治療成績は確実に向上すると思います。

<おすすめ書籍>

[amazonjs asin=”4895902390″ locale=”JP” title=”IDストレッチング”] [amazonjs asin=”4758311366″ locale=”JP” title=”運動療法のための 機能解剖学的触診技術 上肢”]