腹横筋(ふくおうきん)の起始停止・作用などの特徴について

腹横筋(transversus abdominis)は、またの名を“コルセット筋(corset muscle)”とも呼ばれ、体幹の深層筋として腰痛予防や脊柱アライメントの安定化などにおいて重要視されています。

しかし、その一方で腹横筋のトレーニングはイメージがしにくいこともあり、習得には時間がかかることも事実です。

そもそも、腹横筋の構造は複雑であり、筋の付着部や構造を三次元的に理解することが最も重要です。

そこで、ここでは腹横筋の解剖学的な特徴や作用についてご紹介していきます。

前半は少しマニアックなので、飛ばして読んでいただいても結構です。

腹横筋の解剖学

起始・停止

起始

①第7-12肋骨の肋軟骨の内面

②胸腰筋膜の深葉

③腸骨稜の内側唇

④鼠径靭帯外側

停止

⑤白線

⑥腹直筋鞘の後葉

腹横筋の停止部について

腹横筋の構造を複雑にしている一つの要因は、その停止部の構造にあります。

腹横筋の筋繊維は水平に前方へ向かい、腹直筋の外縁に沿って腱膜繊維を発生させています。

この腱膜は腹直筋の後方の広い部分を通過することで、腹直筋鞘の一部を構成しています。

腹直筋と腹横筋の関係

腹直筋鞘(rectus sheath)は、外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋の腱膜によって構成されており、腹直筋はこの鞘(覆うもの)の中を走行しています。

腹直筋鞘の構成は次の2つで異なります。

  1. 腹直筋上部3/4
  2. 腹直筋下部1/4

1.腹直筋上部3/4

腹直筋髄鞘は、腹直筋の上部3/4では完全に覆われています。

下の図をご覧下さい。

腹直筋鞘の前葉は、外腹斜筋腱膜と内腹斜筋腱膜(の半分)で構成されています。

腹直筋鞘の後葉は、内腹斜筋腱膜の残りの半分と、腹横筋腱膜で構成されています。

腹直筋鞘の後葉が存在するのは弓状線(arcuate line)までであり、それより下は前葉しかありません。

2.腹直筋下部1/4

腹直筋下部1/4では、腹横筋腱膜は、腹直筋の前方を通過しています。

腹直筋鞘の後葉はなくなり、外・内腹斜筋とともに腹横筋も前葉を構成します。

そのことにより、腹直筋は腹横筋を穿孔してその後方を通過していることになり、腹直筋と腹横筋は直接接します。

下の図をご覧ください。

位置による腹横筋の違い

ここまで見た通り、解剖学的には腹直筋と腹横筋を含む側腹筋は、一つの機能単位として構成されています。

しかし弓状線を境に、腹横筋と腹直筋の形態は異なります。

これは、お互いに関係し合う作用も違ってくる可能性があります。

よく、「腹直筋は表在筋であり、腹横筋は深部筋」と言われますが、腹直筋下部1/4においては、腹直筋の表層に腹横筋の腱膜が存在するというのは興味深い話です。

胸腰筋膜と腹横筋の関係

胸腰筋膜とは?

胸腰筋膜(thoracolumbar fascia)は、深層の体幹筋を覆う筋膜です。

胸腰筋膜は、腹横筋の起始部の中において、唯一能動的な変化を受ける部分です。

腹横筋の効率的な筋収縮に必要なもの

腹横筋は、内腹斜筋と共同して胸腰筋膜を緊張させます。※外腹斜筋は胸腰筋膜の起始を持っていません。

下の図は、第3腰椎レベルでの水平断です。

胸腰筋膜にある程度の緊張が無ければ、腹横筋は効率的に働くことができません。

起始部が緩んでいる筋が、収縮力を発揮できないということは容易に想像ができます。

胸腰筋膜には、広背筋や大殿筋が起始していることから、これらの筋の緊張度合いは、腹横筋の筋収縮力に影響を与えます。

この他にも、胸腰筋膜の後層は脊柱起立筋群を含んでいるので、脊柱起立筋群の収縮も胸腰筋膜の緊張に影響を与えます。

腹横筋の作用

腹腔内圧の上昇

腹横筋の働きの中でも、最も臨床上重要なのは腹腔内圧の上昇です。

それにより、次のような作用があります。

  1. 脊柱安定化への作用
  2. 努力性呼気への作用
  3. 排尿・排便への作用

腹腔内圧の上昇は、ヴァルサルバ効果としても腰椎の固定力増加に作用します。

また、腹腔内圧の上昇は、弛緩した横隔膜を上昇へ押し上げることで、胸郭から空気を外に出すことに役立ちます。

さらに、腹部臓器を圧縮することで排尿・排便にも作用します。

腹腔内圧とは?

腹腔とは、横隔膜より下部の内臓が収まっている空間を指します。

腹腔を機能的に理解するためには、それを筋肉の2つの構成体に分けることが役に立ちます。

脊柱・胸郭・骨盤帯

筋肉横隔膜・腹筋群・腰部多裂筋・骨盤底筋群

腹腔内圧の変動には、これら筋肉の協調的な運動が必須です。

腹腔を、ペットボトルとして考える

腹横筋による腹腔内圧の上昇を考える際に、「腹腔をペットボトルとして考える」ということが役に立ちます。

下の図をご覧ください。

ペットボトルのボディと言いますか、側面を構成するのは多裂筋や腹斜筋、腹直筋です。

腹直筋や外腹斜筋は表在筋(global muscle)、内腹斜筋や多裂筋は深部筋(local muscle)として存在しており、それら自体も協調性が求められます。

そして、ペットボトルのフタの部分を横隔膜、底の部分を骨盤底筋群として考えてみて下さい。

この状態から腹横筋を働かせるというのは、このペットボトルをギュッと握りこむような動きとなります。

ペットボトル内が密閉した空間である場合、ペットボトル内の内圧は上昇します。

腹横筋が機能するために必要なこと

この例えから分かることとして、腹横筋が機能するためには少なくとも次の2つのことが言えます。

  1. 横隔膜と骨盤底筋群の緊張が必要
  2. 多裂筋・腹直筋・内外腹斜筋の緊張も必要

まず、横隔膜と骨盤底筋群の緊張が低い場合、ペットボトルのフタが開いた状態もしくは底に穴が開いた状態と同じです。

この状態で握っても、空気は逃げていくだけで腹腔内圧は上昇しません。

また、多裂筋・腹直筋・内外腹斜筋の緊張が低い場合、腹腔内圧は上昇しますが、分節間の動きまでは制動しきれないでしょう。

よって、特に多裂筋や内腹斜筋といった深部筋(local muscle)の働きも協調して起きてこなければいけません。

まとめ

腹横筋の構造は、その付着部の複雑さから理解しにくい傾向があります。

腹横筋の効果的な収縮には、胸腰筋膜の緊張度合いを始め、横隔膜や骨盤底筋群などの様々な影響を受けます。

近年特に注目されている筋肉なだけに、その構造を理解した上で運動療法につなげていくのが求められていくでしょう。