ブログ開設から2カ月経過。PV、反省点などのまとめ

ブログ開設から大体2カ月が経過しました。

正直、かなりメンタルが削られてきています。

今後、療法士によるブログ運営をお考えの方へ向けて、2カ月経過時点での僕の運営状況を報告させていただきます。

投稿数

投稿数:約65記事

なんとか2カ月間毎日更新するという目標は達成できました。

記事の文字数は大体2000字程度といったところです。少なくて1500字、多くて4000字というバラつきはあります。

PV数

PV数:約5500

・・・・。
PV500しか伸びてない・・・。
一か月目は0⇒5000PVだったのに。

なんじゃこりゃこりゃ。

倍々で伸びていく僕の計画は泡と化したのでした。

原因を考えてみました。

ブログ開設3か月までは我慢の時期?

これは、よくネット上のブロガー様による意見で見てきたことです。

アクセス数がごく僅かな間の3ヶ月でブログ運営から離脱するひとは多くいるとはずです。この地獄、本当になんとかならないのかな、と思いますよね…。
引用:タカノメ「ブログ立ち上げ3ヶ月のアクセス数は、無音状態。この地獄をどう乗り越えるのか? 」

確かにGoogleにちゃんと評価されるまでに時間がかかるということは理解できるんです。

ただ、記事の中には検索ランキングで10位以内を取っているものもあります。それを考えると、ただ時間が解決するのを待つだけで良いのかという不安がよぎるわけです。

反省点

記事ターゲット層が曖昧

実際、ここまでブログを書いてきて

  1. 理学療法士向けに書いているのか
  2. 学生向けに書いているのか
  3. 一般の方向けに書いているのか

自分でも分からなくなることがありました。

専門家に簡単すぎる当たり前の記事は物足りないでしょうし、一般の方に専門用語バリバリの記事は難しすぎるでしょう。

これを反省点として、今後はしっかりどの層向けの記事か最初に決めて書き始めたいと思います。

また、どの層が読者として多いのか把握するために、3つの層の反応を注意深くアナリティクスで分析する必要もありそうです。

他の人にとって価値がない

まぁこれなんですよね。きっと。

この2カ月間の中だけでも、以前の自分の記事をみると

うーん、価値のない記事ばっか書いてるな
と思うことがあります。

エビデンスを意識しすぎると教科書や文献の引用だらけになるし、自分の意見ばかり書くと信憑性が低くなるというジレンマに陥っています。

結局無難な記事しか書けずに、ありふれた感じになってしまうんですよね。

そのへんの絶妙なバランス感覚を養うとともに、ライティングスキルを上げる必要性を実感しています。

今後の方針

ちまたでは、3か月~6カ月間は魔の時間ということもあるので、まずはそこまでは継続しないことには判断できません。

その間に、SEOもしっかりと学んでいこうと思います。

ただ、中身がしっかりしていないと検索順位で上の方でも、いつか必ずライバルに抜かれるでしょう。

今後、療法士ブログは急増していくと思います。仕事にあぶれた療法士はネットの世界に流入してくるでしょう。その際に、選ばれる存在でなければ意味がないので、できるだけ理学療法士として質の高い記事を書いていかなければいけませんね。

まとめ

この2か月間で、文章を書く習慣はある程度ついてきました。

また、時間をやり繰りしながら効率的に書くということについても、生活リズムが合ってきた感覚があります。

正直けっこう精神的にきつい時期ではありますが、頑張ろうと思います。安西先生、見ていてください。